新卒採用の大事なポイント

新卒採用の時期がスタートするにあたり、学生が新卒採用の面接で気にしすぎるぐらい気にしなければならないのが、身だしなみです。

面接の場において、見た目がほとんどということもよくあります。

上半身におきましては、シャツはきれいにアイロンがけをしているものであるか、最近のシャツは形状記憶になっているものがほとんどですので、アイロンをかけないとしても、きれいに干しておけば、しわになることはないでしょう。
ジャケットにおいては、糸くずやほこりなどがついていないか、また、とても大事なのがにおいです。学生の中でもタバコを吸う方がいらっしゃるとは思いますが、タバコのにおいは本人が思っている以上にジャケットに染み付きます。



DYMのようなベンチャー企業で働きたいという人は、自分の目標をしっかりと持ち続けることが大切です。


それは他人にとってはとても強い悪臭です。

新卒1年目から活躍したいと思っている人にはDYMのようなベンチャー企業も魅力的だと思います。当然ながら、そのまま面接に行っても、面接官の評価は決して良くはならないでしょう。

タバコ吸うこと自体は禁煙できないのあれば、においを消すものを常に持っておくことです。


それは他人にとってはとても強い悪臭です。
当然ながら、そのまま面接に行っても、面接官の評価は決して良くはならないでしょう。



タバコ吸うこと自体は禁煙できないのあれば、においを消すものを常に持っておくことです。



面接の前は必ずタバコのにおいを消しておきましょう。


新卒採用は多くの学生が各企業を受けにきます。企業側は全員採用することは、もちろんできません。

しかし、例えば学生に大差がなければ、どこで落とすかということです。

つまり、身だしなみが悪いことによる減点が、その後面接でいくら良いことを話したとしても、挽回できなくなる可能性が高いということです。自分の能力以前のところで、面接の結果が決まってしまわないよう、十分に気を付けましょう。